• JR茅ヶ崎駅北口徒歩3分〒253-0044 神奈川県茅ヶ崎市新栄町3-43
  • 当院は完全予約制です。ご予約は予約専用メールでお願いいたします。
  • 治療予約専用アドレス424shinobu@gmail.com
  • ご相談アドレス5611sbyz@jcom.home.ne.jp

肩こり

肩こりはちゃんとした病気の症状です。
そして鍼治療で治すことが出来ます。

一般的には、肩周辺に痛み・張り・重い感覚などがあることを指します。肩の周辺の筋肉が硬くなり血流が悪くなることで、ひどいときには痛みが強く肩が上がらないケースや片頭痛を引き起こす場合もあります。こうした肩こりの治療は、肩への施術が解消法とされています。肩への鍼灸、マッサージ、鎮痛剤の塗布などです。つまり肩そのものへのアプローチがほとんどです。

しかしさくらガーデン鍼灸院では、肩のみの治療ではなく、肩を凝らせる原因に取り組むことで解消していきます。
さくらガーデン鍼法院が伝承した医学はおよそ3500年前に著された「素問・霊枢」という医書に基づく医学です。私たちが究極の医学と呼ぶ医学です。この医学では人を自然現象の一つとして捉えています。そして人の心身が12本の気の流れで形成・維持されている事を解明しているのです。

人の身体はおもに12本の気の流れによって形成・維持されています。それぞれの流れに異常が生じたとき、その気の流れが形成・維持している身体の部分に異常が発生します。

肩を通っている気の流れは何かと言いますと、足少陽という気の流れです。この流れは耳の周囲から肩、脇腹、太ももや下腿の側面、足の薬指などを通っています。ですからこの流れに異常が生じると、肩こり、片頭痛、耳の病気(内・中・外耳炎、難聴、耳鳴り など)、脇腹の症状(帯状疱疹・肋間神経痛 など )、足の側面の痛み・冷感・熱感など、また精神面では、すぐにイライラする、嫌味な事を言ってしまう、などの症状が起こるのです。

さくらガーデン鍼法院では、足少陽という気の流れの異常を正常に戻していくことで重度な肩こりを治していくのです。もちろん、足少陽という気の流れが通っている部分の症状はどこの症状も改善していきます。足少陽という流れは視力や高血圧にも関係しているので、視力や血圧の改善もされます。

このように、肩がおかしいからと言って肩に原因があるのでも、肩を治療しなければならないのでもないのです。本当の原因を見つけて治療しなければならないのです。そうしなければいつまで経っても根本的な治療にはならないのです。肩こりとは、つまり足少陽という気の流れの異常からくる一つの症状という事です。